二世帯住宅と相続税

二世帯住宅のメリットは
一緒に暮らせる安心感が一番です。

生活費節減のために、二世帯住宅を考える方もいます。
子世帯の共働きが増える中、孫の面倒を見てもらう為の方も。

他にも、二世帯住宅には、様々なメリットがあります。

暮らしの面だけでなく、

相続税対策

にもなるのです。

相続税は、
平成27年1月より課税強化されます。

法定相続人 
1人 6000万 ⇒ 3600万円
2人 7000万 ⇒ 4200万円
3人 8000万 ⇒ 4800万円
4人 9000万 ⇒ 5400万円

基礎控除が引き下げられることにより、
課税価格一億円以下の層を中心に、課税対象者が増え
全体として、相続税の課税対象者が
1.5倍に増えると予想されています。

二世帯住宅の相続税メリット



一棟の二世帯住宅に建て替えて
親子が同居すれば、一定の要件下
小規模宅地等の評価減の特例
が適用され、
土地の相続税が大幅に軽減されます。

このサイトでは、
課税強化に備えた記事を
随時、更新したいと考えています。




二世帯住宅 区分所有 小規模宅地等の評価減の特例

二世帯住宅 区分所有 小規模宅地等の評価減の特例 二世帯住宅に居住していた場合 被相続人と親族が居住するいわゆる二世帯住宅 の敷地の用に供されている宅地等について、 二世帯住宅が構造上区分された住居であっても、 区分所有建物登記がされてい…

独立型 二世帯住宅 要件緩和

独立型 二世帯住宅 要件緩和 構造上区分され,内部で行き来できない、 独立型の二世帯住宅の敷地を 親から相続を受けた場合。 改正前 親子が同居していたとみなされず、 原則として、子居住用部分の床面積に 対応した宅地面積は特例の対象外 …

小規模宅地等の評価減の特例

小規模宅地等の評価減の特例 宅地の相続税の評価額が減額される特例です。 自宅や賃貸住宅などの敷地を相続した場合 相続人が引き続き利用することを前提に 相続税評価額が引き下げられます 小規模宅地等の評価減特例の主な利用区分と 評価割合 上…

相続税 相続のツボ

相続税 相続のツボ 二世帯住宅、 二世帯住宅のメリットは一緒に暮らせる安心感が一番です。 生活費節減のために、二世帯住宅を考える方もいます。 子世帯の共働きが増える中、孫の面倒を見てもらう為の方も。 他にも、二世帯住宅には、様々なメリットがあり…

借金減額診断

ネットで40秒  借金減額診断無料サービス 匿名での診断も可能です。 街角法律相談所無料シュミレーター…